カロリー調整して痩せた私の体質改善ダイエットを大暴露中

カロリー調整でダイエットを成功させるにはちょっとしたコツと普段の生活の中で出来ることの見直しが大きな鍵に?!無理なく綺麗に痩せてなおかつ太らない体づくりをするためのコツを大暴露!

ホーム ≫ 有酸素運動は20分以上持続しないと結果が

最終更新日:2017/03/30

有酸素運動は20分以上持続しないと結果が

有酸素運動は20分以上持続しないと結果がでないとされてきましたが、今は長く続けなくてもあわせて20分運動していれば結果が出るといわれています。

その他、筋力トレーニングの類のほとんどは筋肉内のグリコーゲンでエネルギーを生み出す運動ですが、無酸素、有酸素両方の運動をかわるがわる行うことで効果をよりアップさせることが、可能です。ダイエットの為に朝食を抜くのは体に良くないので、きちんと食べる方が効果的です。

カロリーを考慮する場合はメインの炭水化物をグリーンスムージーやヨーグルトに置き換えるといいです。

他にも、加熱調理した野菜サラダや温かいスープも代謝が上がりますし、肌の調子も良くなります。

栄養のあるバナナを朝ご飯にしてもいいので、欠かさず食べて健康に痩せましょう。成功したといえるダイエットをするためには有酸素運動(ジョギングなど)をしない訳にはいきません。エアロビクスプログラムにより体内の不要な脂肪が燃えさかるので、体重を落とす事ができます。

よく苦しい筋トレをやっている人もいますが、筋トレは心が折れて長続きしない場合も少なくないでしょう。ダイエットするにはまず筋肉を付けて基礎代謝をあげて燃えやすい状態にする事が重要です。

減少するためにはどのような筋トレが求められるのでしょうか?長距離走などの有酸素運動が効果的ですが、やり過ぎは逆に筋肉がつきにくいと言われています。

軽度の有酸素運動の以後に筋トレを実施し、最後にまた軽く走ったりするのが効果が表れやすいようです。

ダイエットを実行中の人は運動でスリムアップするのは多分、普通のことだと思いますが、しっかりと時間を決めて取り組んでいますか?なるべく日々、朝だったら朝、夜なら夜にと決まった時間に運動をしているほうが痩せやすくなる体を作ることが出来るようになります。

すでに20年ほど前ぐらいの話ですが、その頃、流行した外国製のスリムアップ効果があるらしいサプリを試しにやってみたことがありました。飲んでしばしすると、動悸が発生したり息切れが発生したりしました。

私自身、効果があると判断すればいいのか、体に合わないのか判断できず恐れを感じ、一本で飲むのを止めることにしました。体重も何も全く変わりませんでした。

ダイエットには有酸素運動が良いといいますが、有酸素と無酸素の区別というか、境目がわかりません。

たいてい言われるのは、息は上がるけれど、汗をかかない程度というのが違いのようです。でも、発汗の仕方は環境によっても変わりますよね。

もっとちゃんとした境界線などがあるとダイエットがしやすくなると思います。ダイエットを行う際にまずしておくべきことはまず基礎代謝量を計算して知っておくことが大切な準備です。

基礎代謝とは、特になにも動いていない状態において消費されるエネルギー量のことですので、大きければ大きいほど、体質的には太りづらいといわれているのです。

基礎代謝の計算が簡単できるサイトがありますので、一度使って確認してみるといいと考えます。

年齢が上がるにつれて、運動を行う機会も減り、ほっておいたら、基礎代謝が低下していく気がします。

それゆえか、せっかくダイエットをしても、中々思ったように体重が減りません。やっぱり、体質改善をしないといけないですね。始めに、体を温めるために、生姜湯から取り掛かっていきたいと思います。

寒い冬にはもってこいの飲料ですし、これがあれば代謝がアップするでしょう。ダイエットしている時の間食は絶対にいけません。間食で食べたものが、もしもスナック菓子のようなものではなくても、食べる=太るという事実を覚えていてください。

極端に我慢するのもいけませんが、一日三回、食事をきちんととって、あとは食べたい欲求をコントロールできるように体質改善ができるといいですね。

基礎代謝をよくするということは痩せることにも効果を発揮します。普段あまり汗をかかないタイプの方は、体の中に老廃物という害が溜まりやすい状態になっています。老廃物が溜まっていくと基礎代謝が悪くなることに繋がるので、汗をかきづらい人はぶくぶくになるのです。基礎代謝を上げて、汗をかきやすい体へと変化させることが大切です。

痩せるのに有効な運動といえば、有酸素運動と言えるでしょう。ダイエットを達成させるためには、とにかくカロリーを使うことが大切なので使ったカロリーが多いジョギングやエアロビクスや自転車散策などの運動が第一候補として上げられます。

併せて、体を引き締めて強弱のあるボディラインを作るためには筋トレもおすすめします。

私が痩せたいと思った時、自宅で可能なダイエット法として腕立て伏せ、腹筋、スクワットをして、筋肉の量を増やしてからだの基礎代謝がアップしやすい状態にした後に、少々速足での散歩を少なくとも30分は行いました。

これをなるべく毎日継続することで、2か月で5キロのダイエットができましたが、継続することは努力がいることでした。ダイエットでよく行われている有酸素運動ですが、もっとも効果のある心拍数を把握することによって自分の自身を効率よくエネルギーを燃焼して、脂肪燃焼を高めることが可能となります。

長時間継続して体を動かすほど痩せられるのではなく、特に激しい運動をすると筋肉に酸素が行き届かず、逆効果です。ダイエットが続かないという方は、ダイエットの成功例を参考にしてみると良いでしょう。

ネットに載っている情報などは信用できないと思うので、チャンスがあるのならば自分の身の回りの方の体験をじかに尋ねることがお勧めです。

成功体験を知ることでやる気がアップします。

痩せたい!と思うなら、まずは無理をし過ぎないことです。

食べないダイエットは確実に痩せますが、体にとっては、悪影響もでてきます。

私は生理が来なくなってしまいました。排卵がストップして、産婦人科で薬をもらい治療しました。ですので、最初から無理をしすぎると長続きしないということが経験から分かりました。

日常歩く時にお尻に力を入れて大股で歩くよう心がけるだけでも意外と、違うのです。

炭水化物を減らすやり方で食事制限をしたことがあります。しっかり噛むことで、十分に満足しようとしたけれどやっかいだったです。生粋の日本人ですから、時々は、がっつりと白いお米を欲します。だから、現在は、夜は炭水化物の飲食を控えるけれど、朝ごはんと昼ごはんは普通に食べることにしています。

ダイエットする上で重要なのは息が上がる程度のしっかりと運動をすることと筋トレです。有酸素の運動で特に使われている筋肉は遅筋で、筋肉トレーニングで使うのは速筋です。

遅筋は筋が大きくなりにくく、マッチョな見た目にならないです。この遅筋と速筋を同時に鍛えると、バランスの良いスタイルがなります。痩せることが出来る食事と言われたときのイメージは脂肪分や糖分が比較的少ないものが浮かびますが、私の個人的な経験をふまえると、塩分を控えめにした食事がかなり効果的だと思います。特に下半身が気になって仕方ない方は、まずは減塩対策をはじめられることをお薦めしたいです。

関連項目

メニュー

ページトップへ

メニュー


2016 カロリー調整して痩せた私の体質改善ダイエットを大暴露中 All rights reserved.