カロリー調整して痩せた私の体質改善ダイエットを大暴露中

カロリー調整でダイエットを成功させるにはちょっとしたコツと普段の生活の中で出来ることの見直しが大きな鍵に?!無理なく綺麗に痩せてなおかつ太らない体づくりをするためのコツを大暴露!

ホーム ≫ 勤め先の上司・同僚・後輩との関係の精神的な負担で

最終更新日:2017/03/30

勤め先の上司・同僚・後輩との関係の精神的な負担で

勤め先の上司・同僚・後輩との関係の精神的な負担で、最近は、自分でブレーキがかけられないくらいの食欲が湧いて、めちゃくちゃ食べています。頬にも顎にも二の腕や、お腹周りにも、お肉がついてぷよぷよで、どうにかスリムになりたいなと、考えているのですが、なかなか、体を動かす暇がありません。

こんなタイミングで、あまり苦労しないでスリムになる薬が、あったらいいのになと思います。

大変な思いをしないで、痩せる薬があるのなら、万札の1枚や2枚、払う覚悟はありますね。それくらいに痛切な思いです。

成功したといえるダイエットをするためには有酸素エクセサイズが欠かせません。

長時間かけて行う軽中度負荷運動により体内の必要ない脂肪が燃えつきるので、体を絞る事ができます。中には、厳しい筋肉トレーニングを自分に課している人もいますが、これはハードで三日坊主になる場合もありがちになってしまいますよね。

スリムアップの為に朝ご飯を抜くのは体に良くないので、欠かさず食べる方が効果的です。

カロリーを考慮する場合はメインのご飯をグリーンスムージーやヨーグルトなどのミネラル食品に変えるといいです。他にも、加熱調理した野菜サラダや温かいスープも代謝が上がりますし、肌も美しくなります。

フルーツを朝に取ってもいいので、欠かさず食べて健康に痩せましょう。自分が生きていくための必要エネルギーの数値を知ることは必須ですよね。

なぜなら、自分の基礎代謝量がわかっていない状態で、自分がどのくらいカロリーをとるべきなのか理解することはできないのが理由です。10代の頃のような無謀なダイエットをするのが年齢の関係で体力的に厳しくなった分、普段から穏やかに数値を気にかけていたいと思うこの頃です。

私がダイエットにチャレンジした時、家でも可能なダイエットの手段として腕立て伏せ、腹筋、スクワットをして、筋肉の量を増加することで体内の代謝が上がりやすい状態にした後に、少し早歩きでの散歩を少なくとも30分は行いました。これをなるべく毎日継続することで、2か月の間に5キロのダイエットに成功しましたが、続けるのは、中々大変困難でした。

ダイエットを決定したその瞬間が、一番やる気に溢れかえっている状況でしょう。

ダイエットを達成させる為には、そのダイエットするぞという気持ちをずっと存続させることが、重要だと思います。

特に当初に必死に頑張り過ぎるとすぐに、気持ちが折れやすくなってしまうので、ゆるく取り掛かりましょう。

昔に比べて、肉がついてきたので、痩せよう調べていたら、良いやり方、ダイエット法を見つけました。

それは、酸素によって糖質などをエネルギーに変える運動です。有酸素運動の効果は抜群でカロリーを制限するよりも、ずっと痩せられます。

私自身、数週間前に有酸素運動を始めたのですが、どんどんスリムになって嬉しいです。

有酸素運動は思ったより効果があるんだなと認識しました。基礎代謝量が高い方についてですが、ダイエットにはいいと考えられています。

椅子に座る機会に背もたれを、活用せず出来るだけ背筋を引っ張るようにしたり歩行の際にちょっと注意するだけでも代謝量をアップすることができます。

座り方や歩き方が素晴らしくなれば、女としての魅力も上がります。合わせての利点ですよね。

息を意識してお腹からするだけでも、人はカロリーを燃焼するそうです。かっこいい体を手に入れるストレッチとしては深い呼吸をしながら、肩甲骨を動かすのが良いのだと伺いました。

肩こりにも効くのですが、両腕を上に垂直に伸ばしながら息を吸い、腕は天井に向けたまま、肘を折り曲げて体の後ろに下げていきます。

同時に息を吐きながら肩甲骨を縮める感じです。

私は子供の誕生後、増えた体重と元にもどすために、スリムアップと合わせて生まれて初めて筋肉を鍛えました。

100%母乳で子供を育てていたので、あまりダイエットはすることが難しかったのですが、筋トレは一生懸命やりました。そういったこともあり、半年ぐらいでほぼ以前のようなスタイルに戻すことができたという結果になりました。

有酸素運動は20分より多く運動しないと効果がないといわれてきましたが、今は長く続けなくてもあわせて20分運動していれば効果があるのではないか?といわれています。

他方で、従来の筋トレのほとんどは呼吸をほとんど止めた状態の運動ですが、無酸素、有酸素両方の運動を順々に行うことでそれぞれの効果を引き出すことができるわけですね。

ダイエットを成功させるためには息が上がるほどの有酸素運動と筋トレです。

有酸素の運動で特に使われている筋肉は遅筋で、筋トレで使うのは速筋を鍛えます。

遅筋は筋が大きくなりにくく、マッチョな見た目にならないです。遅筋と速筋を一緒に鍛えると、魅力あふれるスタイルに近づけます。

ダイエットをする時は、最初からあまり無理をしないことです。

食事を制限するダイエットは確実に痩せるのですが、デメリットも多いのです。私は生理が止まりました。

排卵が止まってしまって、婦人科で薬を処方してもらって治しました。

初めから無理をしすぎると続かないというのが自論です。常日頃、歩くときにお尻に力を入れて、多少、大またで歩くだけでも違ってきます。

ダイエットには有酸素運動が無理なく出来るので、イチ押しです。

踏み台昇降を家の中で私はしています。これは長いこと継続すると、心拍数が上昇しますし、腿やふくらはぎの筋肉もつらくなるので、思ったよりもずっと体力を消費します。

テレビを観ながらこれをしていますが、余分な肉がすごく減りました。ダイエットを長い間継続していると、カロリーを計らなくても、摂取したカロリーの大体の量が当てられるようになります。肉と米、野菜をこのくらい食べたので、本日のランチはこれくらいのカロリーをとったという具合に見当がつくのです。私にもデブだった時があるので、諦めなければならないのですが、少しおセンチな気分になります。

一般的には基礎代謝の平均値は20代に入りだしてから徐々に減っていくものです。これは成長期の終了によって代謝量が一定値に安定しだしたことと、運動量が少なくなったことにより筋肉量も、同じように徐々に低下しているためです。

中年に差し掛かると脂肪がつきやすい身体になっていくのはこういうれっきとした理由があるのです。ダイエットを実行中の人は運動をしてダイエットを行うのは普通だと思うのですが、時間を決めて行っていますか?なるだけ毎日朝なら朝にして、夜なら夜と決まっている時間に運動した方が痩せやすい体を作ることが出来るでしょう。

基礎代謝をよくするということは痩せることにも効果を発揮します。元々、あまり汗をかかないという人は、体の中に汚れが溜まりやすい状態になります。

老廃物がたまると基礎代謝が悪くなるので、汗があまり出ない人は太りやすくなってしまうのです。

基礎代謝を上げることで汗をかきやすい体へと変化させることが大切です。

年を取るにつれて、運動を行う機会も減り、基礎代謝が徐々に下がっていく気がします。

そのためか、せっかくダイエットをしても、自分が思うように体重が減少しません。

まず体質改善を行わないとダメですね。そのためには、まず、体を温かくするために、生姜湯からやりたいと思います。

寒い冬には良い飲料ですし、代謝がアップすることでしょう。

関連項目

メニュー

ページトップへ

メニュー


2016 カロリー調整して痩せた私の体質改善ダイエットを大暴露中 All rights reserved.