カロリー調整して痩せた私の体質改善ダイエットを大暴露中

カロリー調整でダイエットを成功させるにはちょっとしたコツと普段の生活の中で出来ることの見直しが大きな鍵に?!無理なく綺麗に痩せてなおかつ太らない体づくりをするためのコツを大暴露!

ホーム ≫ 世の中には、これを食べておけば痩せるという

最終更新日:2017/09/24

世の中には、これを食べておけば痩せるという

世の中には、これを食べておけば痩せるという食べ物は存在しません。

しかし、カロリーが低いものや、食物繊維を多く含有していて、お通じを良くしてくれるものは体重を減らす効果という意味では有効ですよね。

野菜やきのこ類、海藻類を多く摂取すると、体重を減らす効果があると言われています。

同時に、カロリーの高い食べ物を制限しなければなりません。

ひと口にダイエットといっても方法は様々ですが、基本となるのはやはり運動と食事のバランスだと思います。

食事制限を行うとともに運動を行うと一段と効果的なので、毎日何かトレーニングなどを行えばさらに良いですね。

スポーツジムなどに通うのも良いですし、それができないといった方は自分でトレーニングやジョギングを行うように心がけていきましょう。ダイエットをやるのに食事を摂取しないのはダメです。

長く続かないし、健康に差し障ってしまいます。

食べ物を取りながら。食事の一部をカロリーの低いものに交換すると良いです。

運動を併用する者は、脂肪の消費効果を高めるために、高タンパク低カロリーの食べ物が、一押しです。

スタイルが良くなろうと思っても毎回ジョギングしたり歩行したりするのは面倒だーという気持ちがわきませんか。

そこで提案したいのが部屋の中での有酸素運動です。ラジオ体操も素晴らしい有酸素運動なので、楽な服装で、大きく体を動かし体操をすると、効果的にカオリーも消費されます。

ダイエット時のおやつは絶対にNGです。

間食でつまんだものが、いくらお菓子などではなくても、食べただけ、太っていくという現実を覚えていてください。

過度の我慢もいけませんが、一日三度の食事をしっかりとって、あとは食欲をコントロールできるように体質改善をはかりたいものですダイエットに効果的なスポーツといえば、やはり有酸素運動ですよね。とにかく痩せるためには、消費カロリーより摂取カロリーが上回ることが肝心なので使ったカロリーが多いジョギングやエアロビクスやサイクリングのような運動が一押しです。又、身体をシェイプアップしてメリハリのあるボディラインを形作るためには筋トレも重要です。

健康的にダイエットしたい場合には、有酸素運動を行うのがべストな方法です。これは泳ぐ、歩く、軽く走るといった運動のことです。

さらに、栄養面を配慮すべき点はプロテイン、つまり、質の優れたタンパク質を補給することです。

脂肪燃焼のためにはタンパク質はとにかく必至なのです。短い間に健康的にやせるにはスイミングが一番いい方法です。

走ったりは苦手な方でも、水泳ならば浮力が助けとなり、長時間可能ですし、泳ぎ終わると疲れが気持ちいいくらいです。ダイエットをするために沢山の人が水泳をしていますから、1人で泳いでいても別に恥ずかしくはありません。

水泳は思っているよりも消費カロリーが多いので、継続すればダイエットも成功間違いなしです。

ダイエットの最中、ついケーキなどの甘いものを食べたくなるものですが、ここは食べたいという気持ちをぐっと我慢するべきです。

食べてしまったら、体重に反映されてしまいます。

もしどうしても食べたくなってしまったらカロリーを抑えたダイエット向けのケーキを作ることをお薦めします。すでに20年ほど前ぐらいの話ですが、その時、流行った海外製の痩せる!といわれるサプリを験したことがありました。

飲んで少しの間すると、胸がどきどきしたり、息切れが起きたりしました。

私自身、効果があると判断すればいいのか、体に合わないのか判断できず恐れを感じ、一瓶で飲むのを中止することにしました。

結局、体重も何も変わりませんでした。

私がダイエットにチャレンジした時、家でできる痩身法として腕立て、腹筋、スクワットをして、筋肉量を増やすことでからだの基礎代謝が上がりやすくした後に、少し早めのウォーキングを30分以上実行しました。これを毎日続けたおかげか、2ヶ月で5キロのスリムアップに成功しましたが、継続することは努力がいることでした。

普通、基礎代謝の平均値は20歳を過ぎたころからだんだんと落ちていってしまうものです。これは、成長期の終わりによって代謝量が安定するようになったことと、運動量が減ってしまったことのために筋肉量も、だんだんと低下していっているためです。

30代を過ぎ中年に差し掛かると太りやすくなってしまうのはこういうわけなのです。ダイエット中の方は運動でスリムアップを行うというのは結構、普通だと思われますが、しっかりと時間を決めて取り組んでいますか?なるべく毎日、朝なら朝に、夜なら夜と決められた時間に運動した方が痩せやすい体作りを行うことが出来るでしょう。

出産をしてから、増えた体重と元にもどすために、スリムアップと合わせて人生でしたことがなかった筋トレをしました。

完全母乳で育児をしていたので、思うようにダイエットは進まなかったのですが、筋トレはかなり熱心に鍛えました。

その結果、半年ぐらいでだいたい元のスタイルに戻すことができたという結果になりました。

本格的な複式呼吸を習得すれば、基礎代謝アップが期待できるとのことです。しょうがをすってお湯に溶かして飲んだり、身体をほぐすストレッチをしたり、お風呂で上半身だけゆっくりとつかったり、代謝を上げるのもかなり大がかりだなと思っていたので、とりあえず呼吸法を完璧にして、常時手軽に代謝を上げられるようになりたいと頑張っています。

綺麗な体になるには長い時間が必要ではないのではないでしょうか。急激に痩せるということは健康に良くないので、無理なく痩せるための方法を選び、それを引き続き行い、少しずつ体重を落としていくのがいいでしょう。

ダイエットが成功したといってすぐやめてしまうと、リバウンドが起きやすいので、少なくとも3ケ月は続けましょう。ダイエットにはエアロビックプログラムがお手軽に出来るので、推奨できるのです。

私は家の中で踏み台昇降を行っています。この運動を長く続けると、心拍数が上昇しますし、腿やふくらはぎの筋肉も負荷がかかるので、やる前に想像したよりもずっと体力が求められます。

これはテレビを観ながら楽しく出来ますが、余分な肉がすごく減りました。ダイエットを行うときの心構えとしてまずまず基礎代謝量を計算して知っておくことが大事です。基礎代謝という意味は、何もしていないときに消費されているエネルギーのことを指すので、大きければ大きいほど、体質的には太りづらいということがいえるのです。

基礎代謝の計算はネット上のサイトで確認することができますので、一度計算してみるといいと考えます。

基礎代謝の数値を知ることは必要です。

なぜなら、自分自身の代謝量がわからずに、自分がどのくらいカロリーをとるべきなのか理解することはできないためです。

若かったあの時のような無理してダイエットするのが体に無理ができなくなった分、いつも静かに数値を見つめていたいと思う日々です。

関連項目

メニュー

ページトップへ

メニュー


2011 カロリー調整して痩せた私の体質改善ダイエットを大暴露中 All rights reserved.